RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
天糸の絹艶(てんしのきぬつや)秘話物語
天糸の絹艶(てんしのきぬつや)を販売する
華美化粧品さんは
人気商品であるシルク配合のせっけん「天糸の絹珠」を手掛けた会社です。

シルクを使った技術やこだわりは高い会社ですが、
この天糸の絹艶(てんしのきぬつや)を作るにあたっては
大変なご苦労があったようです。

シルクパウダーを使ったせっけんとは違って
シルクの水溶液を配合しなければならなかったことや、

天糸の絹艶(てんしのきぬつや)のクリームの使用感をベタベタさせない為に
シルク水溶液を限界まで高濃度にしなければならなかったこと、

さらにシルクのタンパク質は空気に触れると機能が低下してしまう事から
空気にふれない容器を使用しなければならなかったことなど、
(天糸の絹艶(てんしのきぬつや)が小さなチューブ4本分で1〜2ヵ月使用量の理由はここなんですね。)

たくさんの超えるべきハードルがあったようです。



この小さなチューブは天糸の絹艶(てんしのきぬつや)の
高品質かつ高濃度のシルク水の効果を
無駄なくしっかりお肌に届けるためには
このチューブは大変重要な役割を果たしているようです。

さらに難しいことにシルク水溶液は時間が経つと固まってしまうことから、
シルク水を48時間以内にすばやくクリームにしなければなりませんでした。

華美化粧品の社長さん、社員さんの日ごろの熱意が縁を結び、
難題をクリアしてくれる工場も見つかり
天糸の絹艶(てんしのきぬつや)が完成したんだそうです。

小さなチューブ入りなのは新鮮で清潔に使えるだけではなく、
シルクの特性や有効な成分を
しっかりとお肌に届けるために考え抜かれた形なんですね。



天糸の絹艶(てんしのきぬつや)が格安で1本〜買える!
初回限定!!
詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓




天糸の絹艶(てんしのきぬつや)




author:silkwater, category:天糸の絹艶の誕生秘話物語・・・, 11:12
-, -, -