RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
潤い成分「シルクフィブロイン」について 天糸の絹艶(てんしのきぬつや)
天糸の絹艶(てんしのきぬつや)に使われている
シルクの主成分である「シルクフィブロイン」ですが、
この「シルクフィブロイン」は
天糸の絹艶(てんしのきぬつや)で
長時間高い潤いを保つためには大事な成分なんです。


シルクフィブロインには高い保湿成分があると言われている
・グリシン・アラニン・セリンといったアミノ酸が入っています。

そのアミノ酸の成分量が

グリシン→コラーゲンの1.2倍
アラニン→コラーゲンの2.8倍
セリン→コラーゲンの7倍

というように、コラーゲンより勝っています。

コラーゲンと言えば保湿成分の代名詞ですが、
それを大きく上回る保湿力がシルクフィブロインには入っているんですね。

また「シルクフィブロイン」は無害であり、
お肌との馴染みが大変よいことから
潤いの成分がお肌の角質の奥まで入り込み、
長時間の潤い保持が可能なのです。

シルクには想像以上に潤い効果を発揮する成分が含まれているんですね。


天糸の絹艶国産高濃度シルクで
高い潤い持続!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




天糸の絹艶(てんしのきぬつや)





author:silkwater, category:しっかり潤う秘密 天糸の絹艶, 11:17
-, -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:17
-, -, -